動物の命を救う獣医になるには|予備校でサポートを受ける

受験における重要科目

先生と生徒

大切な科目

中学受験で成功を勝ち取るためには、算数を得意科目にすることが最重要課題です。その理由は、大きく2つあります。まず1つは、算数の配点の高さです。一般的に、中学受験は国語と算数と社会と理科の4科目です。そのうち、前2科目の配点が高く、後ろ2科目の配点は低めの傾向があります。例えば、国算は各100点満点で、社理は各50点満点という感じです。学校により配点は違いますが、一般に国算は配点が高い傾向があることは間違いがありません。もう1つは、算数は他の科目に比べて受験者間で点数の差が付きやすいということです。国語なら、苦手な子でも30点くらいで得意な子でも80点程度ですが、算数はそれよりも得意な子と苦手な子で点差が大きい傾向があります。

自分の頭は自分で鍛える

それゆえ、算数を制する子供が中学受験を制すると言っても過言ではありません。では、どうやって点数を伸ばすかと言えば、正しい勉強を行うことです。漢字や社会ならば、頑張って暗記をすればある程度点数を伸ばすことができます。しかし、算数は教科書に書いてある問題と全く同じ問題が出題されることはまずありません。問題の設定を少し変えたり応用させて出題することがほとんどです。計算問題ならば、1つ1つやりながらの見直しを貫徹させることが大切です。文章題であれば、すぐに先生に教わらずに、できるだけ自分の力で考えさせることが大切です。図を書いたり、自分の頭で試行錯誤しながら解法を考えることが、脳の鍛錬になり、中学受験だけでなくその後の勉強でも生きます。